So-net無料ブログ作成

高校生(4) [アーカイブ]

高校2年生の後半になると、急に学業にいそしむ奴が増えたりする。

小学校の時に本の虫になり、かなりの数のミステリやサスペンス系、SF小説
などを学校の図書館から借りていた。図書カードを年に2枚裏表を更新したのは
自分と、誰だっけ、もう一人いた。

図書委員もやったりしたので、学校の図書館は心が落ち着く場所だった。

うーん、来年になると、進路相談があるだろうな、と自分も図書館に行って
とりあえず、勉強のマネ事はやったw

だが、基本的には、天文学や物理学、生物学などが好きで、結局自分が
面白いと思う本だけ読んでいた。

どこそこの学校は偏差値が云々という話は、右の耳から入って左へ抜けていたw

僕のいた学校はとりあえず進学校だったけれど、進学?
俺はなにやって生きていくんだろう、という考えは、なかなか、まとまらなかった。

とにかく、基本的にはいまだクラブに熱中していた。

冬になると、空気が澄んできて晴れた日は寒いが絶好の天体観測の場となる。
天気予報は、天気図が書けるくらいなので、今晩どうなるかは予測がついた。

放射冷却現象は天体観測にとっては大歓迎だったw
今日は寒くなる模様となったら、汎用合宿所の屋上に10センチの望遠鏡を
昼から持ち出して、望遠鏡ごと冷やしておくのである。

望遠鏡が冷えることで、無駄な空気の流れが地上のシンとした冷気に馴染んで
モータードライブで、赤道儀だったから、ほとんど手を触れることなく天体を追える
ということである。

【天文年鑑】という本がある。一年の天空で起こることの予定表で、
今日はこれをみるぞー!見たい人は何時に合宿所の何号室に集合
まだ、そんな感じの高校生活だったのです。

寒いのはみなわかっているから、完全防備で望遠鏡のアイピースをのぞき込んで
うわぁ!綺麗ですよね

そんな寒い中で、身を寄せ合っての天体観測は、特別な感情に目覚める時でも、あったりした。
特に1年のかわいい子や、同級の双子の女性部員がいつも気になってきて仕方がなかった。

楽しかったけれど、なぜか胸がキュンとする青春の時期、それが本格的に再到来した時期でした。
かなり、遅まきながらの話ですw


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。