So-net無料ブログ作成

転校生(5) [アーカイブ]

最後の転校の話です。

中学3年の春に、今住んでいる土地に転校しました。

例によって【待機宿舎】です。
6畳2間にキッチン、トイレ、風呂場はあるけど
体が大きくなった男兄弟3人を格納するには、正直かなり狭いんですけど...(=_=:

1つの部屋に2段ベッド、勉強机3つって、どういう状態だった?
私は、自分の机の下に頭を突っ込んで寝ていました。

2段ベッドに寝ていられる弟2人が、マジでうらやましい...orz

前にいた学校で、勉強漬けだったせいか
予想もしていなかったのが、転校した学校で受けた最初の試験でした。
いきなり、学年で2位になってしまった。

お、すげーな!やるなーっ今度の転校生!

いやいや、俺ってそんなにすごくないから、普通ですから、といいワケしつつ
学校のレベルの差って、こんなに大きいのか?と気づいてました。

気づいたのなら、もっと勉強しろや!と、当時の自分を叱りたくなりますが、
まあ、朱に交わればなんとやら、ということです。。(^^;

まさか、高校になったとたんに遠く離れた街の反対側に
自分の親が家を建てるなんて知る由もありませんでした。

すごく単純に考えていて、当時家に一番近かった普通高校に入れれば
OKなレベルの成績をクリアできればいいのさ、と思っていました。

学校のパンフレットに、天文部があったのが、【決定打】です。

それと、中学や高校の頃は将来の夢を考える時期?なんですか?

ちょっと、自慢話に聞こえたらごめんなさい。.。。m(_ _)m
学校で「知能検査」と「適性検査」があったのです。

で、基本的にそういう試験の結果は本人にはあまり明かしません。
特に知能の方は・・・かな?

今は明かすのかな?クイズ番組でこれ解いたらIQいくらとかやっていますから。

まあ、いいや。
その知能検査で、お前さー、この学校でトップだったぞ?と
担任の先生がこっそり廊下で教えてくれたのです。

知能が高かったらどうなるんだ?偉くなれるのか?と思った。

IQが高かったら、人生の成功者になれるのか?
そんなの、クイズ番組常連のお笑い芸人に任せておきましょうw

それで、適性検査の助言を見たら、医者芸術家向きという2文字が
目から離れなかったりして。

早速、母に相談しました。
あのさぁ、なんかさー?俺って医者に適性あるみたいだよ?
と軽く言ったつもりが、

なに言ってんの!?冗談じゃない!って叱られてしまった。
警察官の息子が、将来何千万もかかりそうな医大を受験するなんて
絶対にないんだから!と、きつい一発でした。

弟二人を後に控えて、あんた、何を言ってんの!?
・・・はいはい、わかりました。。。(=_=;;...orz

というわけで、医者への夢は軽く、一蹴されました。

後で聞いた話ですが、警察官の息子で医者になった人がいたそうです。
それもへらへらと母から聞いた話・・・
なに言ってる?いい加減にしろ!って思っていけないでしょうか?

父親は、警察官もしくは公務員、銀行マンの安定した職業に就けの一点張り!
なぜだと思う?なぜなら我が家は公務員の家系だからだ!意味不明の主張....
こういうのを両親から受けたのは、後から気がつきました・・・「洗脳」なんだって

いや、あのさ、そもそも公務員って制度、いつからできたんだ?
と、やりあったこともかなりあって、おかしいだろう?
ってちょっと考えればわかる話だよ?って思っていた。

兄弟の中で、一番親に楯突いたのは、自分だったです。

弟二人は両方とも今も公務員です。
俺が二人ともコネで入れてやった。というのが親父の口癖でした。

そんな感じなので、僕は僕の子供にだけは、自分の見識を押し付けるのは
絶対にしないぞ!と心に誓ったのでした。

人にとって「自由」は、なによりも大切なことでしょう。
と、思うのだけれど、これから圧倒的に介護が必要なお年寄りが増える?
というのも、これから、ますます深刻なことになると思うのです。

難しすぎて、考えたくないけれど、必ず誰でも直面することです。

年金の問題や、民間の所得の低さの問題は深刻です。
そんな状況を読んで、長女はしれっと、公務員になっちゃいましたけどねw

すみません、閑話休題・・・

卒業が近くなったころ、転校してからずっと好きだった子を思い切って自転車で追いかけました。
追いついてかけた言葉は「おい!試験、頑張れよ!」と一方的に言って、目線を交わして
そのまま帰りました。
彼女がとある、公立の高校を目指していたことを知っていました。

随分後になって、あの時は嬉しかったんだよ!
私の事好きなの?と思っちゃった!
と屈託なく笑う彼女と、公園で会いました。

いやぁ、実はそうでした!と言う言葉をあわてて、飲み込みました。
いつの間にか、その横に強面の彼氏がいることに気づいたからですw・・・(^_^;

「転校生」編は、以上で終了です。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。