So-net無料ブログ作成

能年玲奈が広瀬すずを祝福! [女優]

映画『ホットロード』で2014年新人賞を受賞した、女優の能年玲奈さんって、もう22歳になったんですね。

東京都内のホテルであった第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞授賞式にプレゼンターとして登場し
『海街Diary』で同賞を受賞した広瀬すずさん(17歳)に、おめでとう!と記念の盾を手渡したとのことです。

能年さんが公の場に姿を見せるのは、2015年3月の浅草芸能大賞の授賞式以来で、
壇上で広瀬さんと記念撮影したけれど、「おめでとう」のほかに祝福のコメントはなかったみたいで
んー、なんというか、不器用さは相変わらずの模様です。(^_^;

朝ドラの『あまちゃん』で、あまりに、はまり役であったことが、災いしたのかなぁ。

あの頃はネットを中心にいろんなところが、盛りあがってました。
「#あまちゃん」「#あま絵祭り」なんて、ハッシュタグが懐かしいです。

松田龍平さん演じる水口琢磨が大ブレーク!無防備な雰囲気なのに、
クールさと熱さのギャップがあって、天野アキとの少女漫画的な
つかず離れずの距離感などが、見る人の「萌え」感を呼び起こしたとなって
「#ミズタク俺の部屋祭」というハッシュタグも現れました。

能年玲奈さんは、朝ドラ終了後に「あまロス」なる造語が自然発生するほどの、
フィーバーぶりがウソだったような潮の引きぶりで、
夏ばっぱの「ウニはゼニと同じだ!」みたいな言葉を思い出します。

「あまちゃん」後は、CM出演こそとぎれないものの、2本の映画に、
単発ドラマは1本だけ出演という、かなりさびしい時間を過ごしてます。

次の仕事をえり好みしているため、出演できないなどの噂もあったけれど、
実際は所属事務所と騒動を抱えていた模様で

「お給料を5万円しかもらっていない」と主張する能年側に対し、
「態度が悪い、もっと支払っている!」
と事務所側は猛反発だとか、なんだか水掛け論的な感じだよなぁ(=_=;

なので、さっさと引き払って、天野春子さんがやった様に
「JJJプロダクション( ‘ jjj ’ )/ 」設立みたいにならないの?

22歳はもはや、立派な大人ですから、ガンバ!能年さん!です。

広瀬アリスさんの妹、女優の広瀬すずさんは、まだ17歳!

土曜連続ドラマの初主演作「学校のカイダン」で、生徒会長の役目を押しつけられた地味な女子高生役でしたが、
天才スピーチライター(神木隆之介)の教えを受け、言葉の力によって学校に革命を起こす学園ドラマ
タイトルの「カイダン」とは階段のことであることは、ドラマを見ていてだんだんわかって来たw

「学校の怪談」の映画(4部作)も結構好きだったけれどw

主人公の春菜ツバメがスピーチライターに導かれて、革命の階段を上る熱い演技が光ってましたね^^

ロッテのガムのFit'sで、「噛むとにゃんにゃん」って、渡辺直美さんと楽し気に踊っているメイキング映像
超!可愛かったですw

二人とも、これから良い「出会い」があるといいな、と思ってます。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。